雨漏りはありませんか?ご相談ください|雪国の 屋根板金・外壁板金・断熱工事・薪ストープ・ペレットストーブ

雨漏り・屋根修理・外壁修理・薪ストーブ ご相談ください!

お問合せ
事業内容
会社情報
ショールーム
ちょっとためになるお話
ためになる話

荒城の月

ある雨の日、友人から携帯に電話。
「ウチの工場で半製品を置く場所に雨漏りしてるところがあって、早く来て直してくれないか」との依頼であった。

とりあえず、現場に向かって、現地調査。
雨漏りの場所は、数箇所あり、その半製品を置いている場所が一番ひどかった。
屋根に穴が空いていることは間違いない。

この日は、屋根にブルーシートをかけて、応急処置を取り、後日晴れた日に屋根の現状を改めて調査することにした。

数日後、工場の屋根に上がり調べると、雪止めの下が錆びている。雪止めをを全部外してみると、半製品を置く場所のあたりは、特に腐食して大きな穴が空いていた。全ての雪止めの下が錆びていて、既に穴が空いているところが他にも数箇所ある。

工場の築年数は、60年。
屋根そのものが既に限界(耐用年数)を超えている状態で、
屋根の葺き替えをお勧めした。

「工場の屋根の穴から月見する訳にはいかないからな。」と承諾をいただいたが、、、

つい『荒城の月」を思い浮かべて、友人と顔を見合わせて大笑いとなった。

大切な生産品を生み出す工場の屋根、改めて大事ですね。

雪が降る前に、屋根の点検をお願いします。

注:ちょっとためになるお話は、部分的にフィクションですm(__)m

関連記事

  1. 屋根板金職人募集 一緒に働きませんか!

  2. 社員募集について

  3. ホームページリニューアルしました

PAGE TOP