雨漏りはありませんか?ご相談ください|雪国の 屋根板金・外壁板金・断熱工事・薪ストープ・ペレットストーブ

雨漏り・屋根修理・外壁修理・薪ストーブ ご相談ください!

お問合せ
事業内容
会社情報
ショールーム
ちょっとためになるお話

薪ストーブ

今、ミドル世代で『薪ストーブがある生活』が見直されています。

子育てが終わったミドル世代のリフォームで、築30年の愛着のある家に、夫婦二人で楽しめる空間を作りたいと『薪ストーブ』を見に、ショールームにいらっしゃるお客様が増えてきています。

興味を持つと、薪ストーブの良さがどんどん見えてくる。

薪ストーブの炎のまえで、くつろぐひととき。
「こんなに暖かいものだったのね」
と最初は反対していた奥様が、家事を終えたひと時を、薪ストーブの前で過ごすのがお気に入りの時間になる。

私たちが心のどこかで追い求めていた暮らしが薪ストーブにあるのかもしれません。
「家でゆっくりくつろぎたい」
「家族が自然に集まって、いい時間を過ごせたら…」
そんな願いを持ちながら、せわしなく張り詰めた日々を送りストレスをためてしまう現代・・・
大人も子供も安らぎを求めているこの時代・・・

雪深い秋田の冬を、豊かな気持ちにしてくれる。それが薪ストーブなのかもしれません。

薪ストーブのある暮らし

やわらかなぬくもり

他では得られない特別な暖かさ、輻射熱(ふくしゃねつ)により体の芯をやさしく暖めてくれます。
また部屋の温度が高いところから低い所へと赤外線が放射され部屋全体が暖められます。

リビングを彩るシンボル

薪ストーブのある部屋に入って、薪ストーブに注目しない人はいません。
火が入っていれば、思わずその前に座りたくなります。重厚な本体と窓から見える炎には不思議な引力があるのかもしれません。
炎のゆらめきを見ながらくつろぐ幸せは何ものにも代えがたいものです。

繊細でダイナミックな料理

トップからやわらかに伝わる熱でIHクッキングヒーターとは一味違った深い味わい。ほろほろに崩れるようなお肉料理や炉内で焼き上げるピザは定番で格別です。
食材の旨みを最大限に引き出す第二のキッチンです。

暮らすための時間

便利な暮らになれた現代だかこそ、より薪の匂いや火の有難さを実感できると思います。今の時代、薪は買うことが出来ますが、ぜひ農家さんなどで選定された枝や、伐採木などの情報にアンテナを張って、自力で集めて欲しいと願っております。薪集めが地域のコミュニティに繋がり、薪割り談義も楽しめることが、薪ストーブのある暮らしの魅力のひとつです。

薪ストーブはなぜ暖かいの?

熱の伝わり方には、物体の中を熱が移動する「伝導」と気体や液体の循環によって熱が移動する「対流」、そして熱を持った物体から出た赤外線が空間を通過移動して物に当たって熱となる「輻射(放射)」の3原則があり、室内の暖房では、これら3つがからみあって熱を伝えます。薪ストーブは、主としてその中の「輻射(放射)」の原理を利用した暖房方法です。そして、物を温める力のある「遠赤外線」は、まさに薪ストーブの炎のもつ暖かさです。

薪ストーブはカーボンニュートラル?

地球環境を重視している中で、薪ストーブはCO2を排出するから環境に良くないと勘違いしている方もいらっしゃいますが、カーボンニュートラルというのは、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念です。したがって木材などのバイオマスエネルギーについては、燃やしても大気中の二酸化炭素量は増えないという原理です。
薪ストーブから排出される二酸化炭素は、木々が成長する過程で大気から吸収した量よりも1グラムたりとも多くはありません。木を倒したあとにまた木が成長すれば、それに伴ってCO2は木に取り込まれます。すなわちCO2は循環しているだけと言えます。

薪ストーブの薪は森林破壊にならないの?

薪は、木の成長範囲内で半永久的に再生可能な資源です。下枝を払ったり、混みすぎた木々を間引くなど、山林を適正に管理することは環境の保全になり、森林破壊にはつながりません。また、建築の端材などの廃材も薪になります。このように、薪ストーブの普及による薪の使用増加は、林業の振興という点において森林保護の一助にもなります。

薪ストーブは自然エネルギーの活用?

北欧を中心とする欧州や米国では、薪などの木質燃料が燃料全体の10%以上のシェアを持つ地域が多くあります。エネルギーの100%を木質系で賄おうとしている都市もあるほどです。薪を燃やす生活は、自然エネルギーを活用した、実はとても21世紀的な生活と言えるのです。 

PAGE TOP